マッサージのお話

眼精疲労が緩和しない時

こんにちわ!

サンズヴィラで多くのお客様からのリクエスト「眼精疲労をどうにかしてほしい」

目頭やコメカミを自分で抑えたり、

目がシパシパして自分でもドライアイを感じる。

そんな方が多いかと思います。

ドライアイは「10秒間瞬きをせず開けたままでいられるか」

が大きな例になります。

眼精疲労へのアプローチは、目の周りにある眼輪筋をほぐして血行促進、

視神経の頭皮のツボ、眼球のツボの反射区をほぐします。

また、瞼を開ける際に使われるオデコの筋肉や、目のまわりの血行促進をメインとした

施術をいたしますので、

是非、眼精疲労をリクエストされるお客様でコンタクトを普段使用されているお客様は

せっかくなので、施術中はコンタクトを外して目の周りの血行促進をご堪能いただきたいです。

眼精疲労のコースはオイルを使用してほぐしますが、

オイルを使用してほしくないお客様にもタオル越しでのツボ押し等はできますので、

是非担当セラピストにお伝えください♪

当店ではお伺いいたしますセラピストはマスクの着用・手指アルコール消毒、体調管理を徹底しお伺いさせて頂きます。

持参しますタオル類も施術毎に新しいものを使用いたしますのでご安心してご利用下さいませ。

東京【渋谷区・新宿区・港区】の出張マッサージと言えば『サンズヴィラ』