マッサージのお話

腰痛・坐骨神経痛にはストレッチ

腰痛・坐骨神経痛にはストレッチ

80%以上の方が腰痛を経験

もはや殆どの方が、腰痛を経験されているのではないでしょうか?これまでに少なくとも、一度は腰痛を経験しているかと思います。40~60代では40%もの人が腰痛に悩んでいるんだそうです。建築関係の方や、運送業や引っ越しスタッフなど重たいものを持つことが多い人はもとより、日ごろからデスクワークが多い人、座りっぱなしの職種の人にも慢性的な腰痛に悩まされている人が多いのではないでしょうか?

セルフマッサージが難しいお客様は、東京出張マッサージ「サンズヴィラ」にお電話下さいませ。当店は指圧はもとより、ストレッチの研修に力を入れており、全スタッフがマッサージの他に効果的なストレッチを行うことが可能でございます。腰痛・坐骨神経痛のマッサージは、セルフなら特に、ストレッチが断然オススメ!筋肉が動く事によって血管にポンプのような働きが加わり、血液循環がよくなったり、自律神経の副交感神経が刺激される事によりリラックスしたりなどの効果が期待できます。さらに硬く緊張していた筋肉は、軽く引き伸ばされ、緊張が緩和し、伸びやすく柔軟になります。血行促進や柔軟性の向上・神経機能の改善・疲労の除去・リラックス効果など様々な改善効果の期待ができます。

時間があるなら朝夕に10分ずつセルフストレッチ

でもいいので、一度ずつストレッチを行いましょう背中から腰にかけて筋肉が脊柱起立筋(背骨のすぐ近くにある触れる筋肉)です。 姿勢の維持や背中を反る動作などでも活躍する筋肉です。ここの筋肉はもちろんストレッチします。腰の筋肉は背骨と骨盤を結んでいる物が多く有ります。 そのため、骨盤に付着している筋肉が硬くなってしまうと、腰の筋肉にもストレスがかかってしまい疲労が溜まりやすくなってしまうのです。 なので例えば太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスや太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋 と呼ばれる筋肉もストレッチすることがすごく大事です。特に股関節に付着している筋肉の柔軟性も腰痛には関係しています。